学費を重視しつつも大切にしたい医学部予備校の環境

一般の大手予備校とは異なり医学部に特化したカリキュラムやサポート体制

医学部を受験するなら、通いたいのは医学部予備校です。
一般の大手予備校とは異なり大学の医学部に特化したカリキュラムやサポート体制なので、ドクターを目指す受験生の間では当たり前となっています。
そのため医学部受験をするときにはもちろん通おうと考えましたが、問題となるのは学費です。
必要となる授業料は一般の大手予備校や家庭教師に比べると圧倒的に高く、500万円や1,000万円近くになるケースも少なくありません。
これだけの授業料を払って大学に合格し将来ドクターとして活躍できるなら、十分安いものです。
一般の大手予備校に通って2ろうや3浪をするぐらいなら、高いお金を払ってストレートで合格できれば、時間を節約できるのは何よりも魅力でした。
もちろん受験に失敗して浪人すればまたお金がかかりますから、それなら最初からある程度のお金をかけて勉強をしたほうが、結果的には特になるのではと結論づけました。
しかし当然ながら、500万円や1,000万円のお金は気軽に払える額ではありません。
ストレートでの合格を目指しながらも両親にかかる負担は少しで減らしたいと思っていたので、医学部予備校を選ぶときは学費が安いところを選ぶようにしました。
ですがいくら学費が安くても、カリキュラムの内容やサポート体制が整っていなければ意味がありません。
学力をアップさせ医学部合格を実現できるクオリティでなければいけないので、選ぶときは授業料を第一にしながらも、しっかりと内容まで見極めるように気をつけました。

一般の大手予備校とは異なり医学部に特化したカリキュラムやサポート体制 : 受験において身近にライバルとなる存在がいることはとても大切です : 絶対に医学部に合格したいなら、少しでもレベルの高い環境に身を置くべき